消防団の沿革|御殿場市消防団

トップ  >  消防団の沿革

御殿場市消防団の沿革

昭和30年3月12日
  • 御殿場市制1ヵ月後、御殿場市消防団結成式を実施
  • 初代団長:江藤栄県議会議員が就任
  • 旧御殿場町を第1分団、旧富士岡村を第2分団、旧原里村を第3分団、旧玉穂村を第4分団、旧印野村を第5分団とし、団員数611人、ポンプ車8台、可搬式ポンプ29台で運用開始した。
昭和31年1月11日
  • 市消防団創設後初めての出初め式を実施
  • 第6分団(旧高根村)結成式
昭和32年9月1日
  • 古沢消防団任命式
昭和33年7月27日
  • 静岡県消防操法査閲大会ポンプ車操法、訓練礼式の部に第5分団が出場
昭和33年9月27日
  • 狩野川台風災害により、伊豆地方に救援出動(延べ日数8日、422人)
    第1・第3出動隊長「子上孝吉副団長」
    第2出動隊長「長田周太郎本部長」
    第4出動隊長「土屋晏彦本部長」
昭和34年7月26日
  • 水防管理団体に指定
昭和34年9月19日
  • 国立青年の家開所式において消防団が警備にあたる。
昭和37年8月4日
  • アジアジャンボリーが開催され、消防団員が警備にあたる。
昭和40年2月21日
  • 消防本部発足に伴い、消防団は消防団と火防隊とに再編成を行う。
    消防団の分団数は6分団、団員数376人
    車両は、指令車1台、大型ポンプ自動車11台、小型消防ポンプ15台で編成
昭和40年4月1日
  • 政令指定により御殿場市消防本部及び消防署を設置
昭和40年8月25日
  • 静岡県消防操法査閲大会消防操法の部に第3分団が出場
    ポンプ車操法の部で第3位に入る。
昭和41年3月5日
  • 富士山太郎坊付近に英国海外航空機が墜落
    消防団員70名が救護活動を実施する。
昭和41年11月27日
  • 小山町役場から沼津まで駿東支部管内防火パレードを実施
    昭和44年まで実施された。
昭和43年1月10日
  • 新橋駅前繁華街において、焼失棟数18店舗に及ぶ火災が発生
昭和44年8月19日
  • 静岡県消防操法査閲大会訓練礼式の部に第3分団と第3分団が合同で出場
    準優勝に輝く
昭和47年3月20日
  • 富士山で雪崩による大量遭難事故が発生
    消防団は、遺体捜索活動に従事した。
昭和47年7月12日
  • 静岡県東部地方で集中豪雨
    御殿場市では、床上・床下浸水138世帯の被害が発生し、消防団は水防活動に従事した。
昭和52年8月19日
  • 静岡県消防操法査閲大会消防操法の部に第2分団が出場
昭和53年3月7日
  • 消防庁長官から竿頭綬が授与される。
昭和54年10月19日
  • 台風20号による豪雨で滝が原米軍キャンプ富士敷地内で燃料流出及び引火事故が発生
昭和55年11月5日
  • 消防団25周年記念演習及び市中パレードを実施
昭和56年8月25日
  • 静岡県消防操法査閲大会訓練礼式の部に第6分団が出場
昭和57年2月14日
  • 日本消防協会から表彰旗が授与される。
昭和60年2月14日
  • 日本消防協会から竿頭綬が授与される。
平成元年8月22日
  • 静岡県消防操法査閲大会ポンプ車操法の部及び小型ポンプ操法の部に第1分団が出場
平成2年10月28日
  • 消防団創設35周年記念演習
    各分団旗を授与
平成5年8月5日
  • 静岡県消防操法査閲大会訓練礼式の部に第4分団が出場
平成8年9月1日
  • 静岡県総合防災訓練が、御殿場市及び小山町をメイン会場に開催
    消防団は、一斉放水訓練を実施した。
平成13年8月18日
  • 静岡県消防操法査閲大会訓練ポンプ車操法の部及び小型ポンプ操法の部に第5分団が出場
    見事優勝し、全国大会へ出場
平成14年10月24日
  • 全国消防操法査閲大会ポンプ車の部に第5分団が出場
    第5位入賞「優良賞」を受賞
平成15年5月・9月
  • 国民体育大会で消防団員が警備
平成16年9月1日
  • 静岡県総合防災訓練が御殿場市及び小山町で開催
    内閣総理大臣が観閲し、消防団は一斉放水を実施
平成17年1月9日
  • 消防団創設50周年記念出初め式
平成20年5月17日
  • 消防団協力事業所表示証第1号を交付
    「第11回防火のつどい」において消防団協力事業所表示証第1号を御殿場農業協同組合に交付した。
平成22年1月9日
  • 消防団協力事業所表示証を交付
    「御殿場市消防出初め式」において消防団協力事業所表示証第2号を住電装プラテック株式会社に、第3号を株式会社ショーワ御殿場工場に交付した。
平成22年3月5日
  • 消防庁長官から、表彰旗が授与される
平成23年1月9日
  • 消防団協力事業所表示証を交付
    「御殿場市消防出初式」において消防団協力事業所表示証第4号を株式会社岡村製作所生産本部富士事業所に、第5号をキリンディスティラリー株式会社に交付した。
平成23年3月11日
  • 東日本大震災で震度5弱を観測
    消防団は警戒巡視による被害状況の報告等従事した。
    その後の長期にわたる計画停電の際延べ557名の団員が火災予防のため車両広報を自主的に実施。
平成23年10月1日
  • 御殿場市消防団女性団員12名を任命
平成24年2月1日
  • 総務省消防庁消防団協力事業所表示証を御殿場農業協同組合に交付した。
平成25年4月1日
  • 機能別団員制度の導入
平成25年9月8日
  • 静岡県消防操法大会ポンプ車操法の部及び小型ポンプ操法の部に弟4分団が出場
    見事完全優勝し、全国大会へ出場
平成26年1月1日
  • 静岡県消防協会から優良竿頭緩が授与される。
平成26年2月28日
  • 日本消防協会から特別表彰「まとい」が授与される。