消防団情報 »消防団 | 消防団情報|御殿場市消防団

平成29年度御殿場市消防団施設調査及び秋季演習

10月15日(日)小雨の中、午前中に消防団施設調査、午後に秋季演習が行われました。

施設調査では、御殿場市議会議員総務委員の方に随行いたただき、御殿場市内の車庫詰所26箇所の資機材管理、詰所管理等を点検しました。

午後の秋季演習では、現場活動においてのポンプ操作や安全管理等の習得、常備消防との連携を再確認し、火災等の災害対応力を高めることを目的として実施しました。御殿場消防署員を講師として、中継訓練や消火栓の取扱いなど現場活動での注意点を細かく訓練し、実災害での対応力を身に着ける充実した機会となりました。

P1060341 P1060361 P1060378 P1060379 P1060382 P1060386 P1060402 P1060411 P1060420

 

平成29年度駿東支部消防操法大会 結果報告

平成29年度駿東支部消防操法大会が、7月2日(日)高根ふれあい広場で行われました。

市消防団は、この大会のために数か月前から早朝訓練、夜間訓練を積み重ね、第2分団(富士岡)が訓練礼式に、第6分団(高根)がポンプ操法に出場しました。

結果は、ポンプ車操法の部で準優勝となり、優秀選手賞に1番員の杉山雅俊団員が選ばれました。

また、訓練礼式では市消防団の伝統ある礼式行動要領に則り、一糸乱れぬ団体行動を披露し、統率された部隊行動に会場から拍手が沸き起こりました。

市消防団は今大会及びこれまでの訓練を通し培った技術や団結力を糧に、有事の際に発揮できる技術・行動力を今後さらに練磨し、市民の安心安全のために活動していきます。

4月30日の結団式後、日も昇らないうちからの早朝訓練、仕事が終わった後の夜間訓練と、連日連夜本当にお疲れ様でした。

IMG_7694IMG_7707IMG_7795IMG_7825IMG_7831IMG_7843IMG_7853IMG_7954IMG_7971IMG_7978IMG_7994IMG_8014IMG_8047IMG_8073IMG_8098

 

新入団員研修及び機械器具取扱い訓練

4月9日(日)に、新入団員研修及び機械器具取扱い訓練が行われ、

新入団員76名に任命状が大胡田団長から手渡されました。

例年は富士見公園で桜満開の中、新入団員研修を実施していますが、

今年は生憎の雨となりました。

新入団員は、消防団の概要、団員の身分や権限、ホースや管槍の取扱いなど、

消防団の基礎知識を研修しました。

また、班長以上の団員は、機械器具の取扱いやポンプ車の取扱いなどの訓練を実施

し、今年度の最初の訓練として取り組みました。

IMG_7195IMG_7199IMG_7209IMG_7238IMG_7230IMG_7246IMG_7257IMG_7264 IMG_7277

御殿場市消防団長辞令交付式

御殿場市消防団長辞令交付式が、4月3日(月)に御殿場市役所で行われ、

大胡田明寿新団長に若林市長から辞令が交付されました。

 

【新団長所信表明】

1、火災、自然災害への対応能力の高い体制を構築する。

2、団員の負担軽減を図りつつ、消防力の資質向上を図る。

3、常備消防との連携強化、統制力、現場指揮能力を向上する。

4、消防団員への安全文化を定着させ危険を回避する。

IMG_7145IMG_7153IMG_7155

新入団員募集キャンペーンを実施しました。

平成27年度御殿場市地域防災訓練を翌日に控えた、平成27年12月5日(土)、インタープロトシリーズ2015

第5戦・第6戦等が開催中の富士スピードウエイ レーシングコース 特設ブースにて、「新入団員募集キャンペーン」を

実施しました。昨年、団員向けに「組織力」についてご講演を頂いたご縁で、レーシングチームTOM’S監督の関谷正徳さんが、

キャンペーンの応援に駆けつけてくれました。

 

御殿場市消防団では、「誇りを胸に 熱い消防団員」を募集中です!

20151205_09344020151205_09351920151205_101409

 

平成27年度 駿東支部消防操法大会

平成27年度静岡県消防協会駿東支部消防操法大会が、6月28日(日)に小山町生涯学習施設多目的広場で行われました。

梅雨の合間の炎天下の中、御殿場市消防団(第5分団 印野)は、ポンプ車操法の部・小型ポンプ操法の部の両部門で見事準優勝を果たしました。

 

出場選手

ポンプ車操法の部(第5分団第1部)

指揮者 山本高行 班長

1番員 山本悠太 団員

2番員 渡邉勇樹 団員

3番員 石田靖 団員

4番員 鈴木啓太郎 団員(最優秀選手賞)

補助員 池田源一郎 団員

 

小型ポンプ操法の部(第5分団第2部)

指揮者 勝間田大祐 班長

1番員 勝間田学 団員

2番員 勝間田和輝 団員

3番員 石田力也 団員

補助員 勝間田佳祐 団員

 

4月26日の結団式後、日も昇らないうちからの早朝訓練、仕事が終わった後の夜間訓練と、連日連夜本当にお疲れ様でした。

 

 

御殿場市消防団の新入団員勧誘をPR(エコカーカップ)

IMG_9567

IMG_9573IMG_9510

 

 

 

 

 

 

御殿場市の市制施行60周年、御殿場市消防団創設60周年を記念して、御殿場市職員(御殿場市消防団員)の有志10人でレーシングチームを編成し、平成27年2月14日(土)富士スピードウェイで開催された『ECO CAR CUP 2015 Valentine’s Day』に、2チーム体制で初参戦しました。

昨年6月7日「チャンピオン獲得に必要な『力』とは ~レースとは『組織力』の戦いだ~」をテーマに、御殿場市消防団員に講演頂いたことがきっかけとなり、チームのスーパーバイザーに『関谷正徳氏』が就任しての参戦となりました。
レース当日には、チーム総監督の若林洋平御殿場市長も応援に駆け付け、御殿場市の魅力発信とともに、御殿場市及び御殿場市消防団のPRに、更に弾みをつけました。

【Challenge180(3時間耐久)参戦】
カーナンバー863 プリウス30(地元コミュニティFM局の放送バンド86.3MHzから)

IMG_9504

 

 

 

 

 

 

【Enjoy60(1時間耐久)参戦】
カーナンバー60 インサイト(御殿場市制60周年記念GO!)

IMG_9691

AU2E9973

 

 

 

 

 

 

写真展開催(全国消防操法大会への軌跡)のお知らせ

来たる12月6日(土)より、御殿場市民交流センター「ふじざくら」において、写真展を開催いたします。

御殿場市消防団の全国消防操法大会までの軌跡を追った40点の写真が展示されています。
消防団員の消防操法にかける熱い思いを感じていただけたらと思います。
入場は無料となっておりますので、ぜひご覧下さい。

写真クラブFocal写真展「~全国消防操法大会への軌跡~」

開催日:2014年12月6日(土)12:00~14日(日)17:00

その他の日の開催時間は9:00~21:30

会場: 御殿場市民交流センター「ふじざくら」1F展示コーナー
〒412-0042
静岡県御殿場市萩原988番地の1
TEL:0550-70-6800

テレビ放映日変更のお知らせ

平成26年11月24日(月)に予定されておりました、御殿場市消防団の
テレビ放映日が変更になりました。

放送日:平成26年12月1日(月)18:15~または12月3日(水)18:15~
放送局:テレビ静岡「スーパーニュース」内にて6分間放送予定

第24回全国消防操法大会 結果

第24回全国消防操法大会

  • 大会名:第24回全国消防操法大会
  • 日時:平成26年11月8日(土)
  • 場所:東京臨海広域防災公園 東京都江東区有明3-8-35

11月8日に行われた第24回全国消防操法大会【ポンプ車の部】に静岡県(35消防団、消防団員数20,624人(平成26年10月現在))の代表として「私達が関わる全ての人々【家族・職場・地域】の【誇り】となる」を目標に掲げて、御殿場市消防団第4分団(玉穂)が出場し、優良賞(6位)を獲得しました。

昨年9月8日に行われた第34回静岡県消防操法大会で、【ポンプ車操法・小型ポンプ操法】の2部門を完全制覇して静岡県代表となって以来、選手の努力と、勝亦団長以下、全団員が一丸となって選手をサポートし、駿東支部教育訓練指導員を含めた熱心な指導によって獲得できた結果です。
御殿場市消防団が全国大会に出場するのは、平成14年度の第18回大会に第5分団(印野)が優良賞(5位)を獲得して以来、12年ぶり2回目の出場となります。

【出場選手】

  • 指揮者 班長 寺澤 輝之(てらさわ てるゆき) 36歳 【中畑西区】
  • 1番員 団員 長田 昌則(おさだ まさのり) 32歳 【中畑東区】
  • 2番員 団員 芹澤 和成(せりざわ かずなり) 28歳 【中畑西区】
  • 3番員 団員 勝間田 裕太(かつまた ゆうた) 29歳 【茱萸沢上区】
  • 4番員 団員 梶 喜朗(かじ よしろう) 36歳 【中畑南区】
  • 補助員 団員 陣内 孝紀(じんのうち たかのり) 34歳 【中畑東区】

消防団員募集中!

  • 御殿場市消防団は、消防団員を募集しています。
    御殿場の防災に、あなたのチカラをかしてください。
  • 問い合わせ 消防本部警防課 TEL:0550-83-8151

全国消防操法大会って?

全国消防操法大会とは、「消防団の甲子園」とも呼ばれ、2年に1回開催される伝統ある大会です。

各都道府県大会の予選を勝ち抜いた48消防団が、ポンプ車の部、小型ポンプの部の2部門に分かれて出場し、「速さ・正確性・規律の正しさ」を競います。

正に、日本全国の2,223消防団、消防団員数871,730人(平成25年10月現在)の中から、「消防団、消防団員のナンバーワン決定戦」と言える最高峰の大会です。

消防操法大会の見どころは?

  1. まっすぐに伸びるホース
    ホース(長さ20m、重さ7kg)をチームで協力しながら火点(標的)に向かって3本つなげ(ポンプ車の部は、3本×2線=6本)放水します。
    伸ばしたホースがねじれたりすると、水が出づらくなるため十分な放水ができません。迅速に動きながら真っすぐ奇麗に、そして正確にホースを伸ばします
  2. 正確な放水
    勢いよく放水される水の力に負けないようにしっかりと筒先を持ち、10m先の火点(標的)を正確に捉えます。
    どれだけ早く火点(標的)を倒すことができるかがポイントです。
  3. 徹底した確認作業
    災害現場ではどんな危険が潜んでいるか分かりません。自分の安全、周りの安全を常に意識した徹底した確認作業も見どころです。

順位はどうやって決まるの?

消防操法大会の順位は、(1.) 総合審査:チーム全体の規律・節度・士気などの項目を総合的に審査(50点満点)、(2.) 行動審査:一人ひとりの行動の正確さを個別に審査(100点満点)、(3.) 計時審査:指揮者の「操作はじめ」の号令により行動を開始した時点から火点(標的)が倒れるまでのタイムを計測(50点満点)の3つの審査の合計(200点満点)により決まります。